開設までの流れ

病院内保育のサービスを導入したいという場合、どのような流れで導入することとなるでしょうか?
導入を考えているという段階こそ、まずは大きな第一歩なのです。検討している段階でも、病院内保育を行なっている事業へ一度相談をしてみましょう。相談をすることで、実際に導入した時のイメージをすることが可能です。
また、イメージに沿って見積もりを出してくれますので予算内に収めるように設計することが出来ます。
見積もりやプランに内容することが出来れば契約となります。

病院内保育の施設をつくるためには、2~6ヶ月程度の期間が必要です。病院内保育を利用するのは主に子供です。そのため、子供が快適な時間を過ごすことが出来るように設計されます。設備が完成すれば、備品を揃えていくこととなります。日常的に使用するものや遊具なども揃えていきます。
実際に開設する前には説明会が開催されます。説明会というのは、病院内保育を利用する予定の保護者へ行なわれます。また、入園前にはスタッフが保育しやすいように三者面談が行なわれます。お子様の性格や食べ物のアレルギーについて伝えます。こうすることで、一人ひとりの子供と向き合うことが出来ます。

実際に開設すれば仕事の時間に合わせて子供を預けることとなります。病院内保育があることで、働く女性も、その預けられる子供も安心することが出来ます。働く人にとって快適な環境というのは、病院側の利益にも繋がります。