メリットについて

最近の病院では、病院内に保育施設を設ける「病院内保育」というサービスを導入しているところが増えています。しかし、導入することでどういったメリットを得ることが出来るのでしょうか?簡単にメリットを紹介します。

病院内保育のサービスを導入することによって、優秀な女性の人材を確保することが可能となります。このような待遇が用意されていることで、求職者にとっては非常に大きな魅力となります。そして、出産を迎えた場合でも退職する事がなくなり、早期に職場復帰しやすくなります。
また、出産を機に退職する女性が増えてしまえば再び新しい人材を確保しなければなりません。そのためのお金も労力もかかってしまいます。ただ、病院内保育があれば既存の女性が育児中でも戻ってくることができるので労力とコストをかけずに済みます。
さらに、能力がある女性でも出産や育児で仕事が出来なくなってしまい、仕事をやめてしまうと今まで積んできたキャリアが振り出しに戻ってしまいます。こうした能力の高い女性の戦力を強めることが出来ますので、病院としても助かります。

このように病院内保育があることによって、様々なメリットがあります。もちろん、導入するためには費用が必要ですが、長い目で見ると高い初期費用ではないでしょう。病院内保育は、今後日本の病院で積極的に雇用する側も雇用される側も仕事を円滑に進めていくために導入していきたいサービスと言えることでしょう。