期待

一昔前であれば、夫が会社で働き、妻は家を守るといった考えの人が多く、既婚女性が外に働きに行くことはほとんどありませんでした。現在でもそのような考え方の人が存在していますが、近年多いのは既婚女性も働きに出るという共働きです。
多くの企業も女性の社会進出を応援しています。しかし、企業が人材を求めていても生地によって女性はなかなか働くことが出来ません。また、企業としても女性を採用することで結婚や出産というタイミングで辞められてしまうのではないか?と懸念しています。

こうした問題点を解消する方法として、最近では「病院内保育」というサービスが普及し始めています。
病院内保育というのは、小さい子供が居ても、働いている間は病院内の保育施設で面倒を見てくれるというサービスです。対象としているのは病院ですが、その他にも一般企業でも企業内に保育施設を設けることも出来ます。
最近では子供を保育所に入れたいとしても保育所の数が少なくて待機児童が存在している状態です。しかし、病院内保育が採用されていることによって待機児童の問題が開場されますし、高待遇ということで人が集まりやすいです。
まだまだ全国に浸透しているサービスではありませんが、今後はどんどんと病院内育児というサービスが浸透していくことが期待されます。そうすることで、女性の早期社会復帰が実現します。広く捉えると、女性の社会進出によって日本の経済はもっと活発になることでしょう。