どちらも嬉しい

育児中の女性が働きたいと思っていても、なかなか条件に合うところがなくて働けないという問題があります。また、病院側としても、女性が出産や育児で退職することで人材不足となってしまい、円滑に運営することが出来ません。双方の問題を解決することが出来るサービスこそ「病院内保育」です。

病院内保育を導入することで、双方の問題が解消され、お互いに環境が良くなります。つまり、メリットしかないのです。
では、具体的にどのような効果があるのでしょうか。

現在、日本の病院では看護師不足と言われています。看護師が不足している原因は色々とありますが、やはり「結婚・出産・育児」によることがきっかけとなっています。こうした女性でも働きやすい環境が整っていないことで、病院をやめてしまいます。しかし、病院内保育というような施設が整っていることで辞める女性が減り、看護師不足という大きな問題が解消されます。

育児中の女性が再び職場復帰しようと思っても、保育施設がないので働くことが出来ない…ということが現実です。また、預かっていてほしい時間に合わないということで、断念してしまうこともあります。特に看護師という仕事は夜勤もありますので保育施設の時間が合わない傾向にあります。ただ、病院内保育であれば24時間365日対応していることが多いので、仕事の予定に合わせて安心して預けることが出来ます。そのため、働く女性の悩みを解消できます。

このように、病院側も働く女性側も問題点が解消されます。病院内保育を行なっている事業では、実際の導入例も公開していますので参考にしてみるとよいでしょう。